カテゴリー

「仏滅」とは、どのような意味を持っているのでしょうか。
大切な人が亡くなってしまったとき、取り急ぎ通夜や葬式を執り行わなければなりません。しかしふとカレンダーを見ると、2日後には「仏滅」という言葉が目に入ります。そして、「仏滅に葬式をしても良いのだろうか?」と疑問が浮かぶでしょう。

普段は気にしない方も多いと思いますが、葬儀に関して「仏滅」はどのように捉えたら良いのでしょうか。

 

仏滅に通夜や葬式は執り行えるのか?

結論からいうと、仏滅に故人を偲ぶための会を執り行っても問題はありません。

仏滅は、「仏が滅びる」という字から分かるように、凶日であることを表しています。そのため、お祝いごとはあまり行われません。しかし通夜や葬式は、故人の冥福をお祈りするためのものです。そのため仏滅だからといって、式を行ってはならないという決まりやしきたりは存在しませんし、宗教的にも問題はありません。

ただし、仏滅と聞くとなんとなく不吉なイメージを持ってしまいがちです。では、そもそも仏滅という言葉はどのように生まれたのでしょうか?

 

そもそも仏滅とは?

仏滅は、「仏が滅びるような凶日」として、運が悪く何を行ってもうまくいかない日だとされています。

しかし歴史的にみてみると、仏滅はもともと「空亡」「虚亡」という日で、むなしい日といったような意味合いを持っていました。その後「物滅」という名前に変わり、すべてのものが消えて、新しくなる日を示していたそうです。この頃の物滅は、何かを新しく始めるにはぴったりで、縁起が良かったともいわれています。

最終的には「物」という字が同じ音読みをする「仏」に変えられて「仏滅」となり、字の見た目からより悪い日であるような考えが、世間一般に根付いてしまいました。もともとマイナスなイメージのある日ではあったものの、ここまで凶日となったのは「仏滅」という字面に変わってから、といわれています。

一方、現在では「物滅」の頃の意味合いを意識して、葬式や結婚式を仏滅の日に行う方もいるようです。仏滅に故人を弔ったあと、ゼロから新たな生活をスタートさせるという意味で、「再スタートができる日」と捉える考え方も存在しています。同様に結婚式にも、2人で新たな生活を始めるという気持ちを込めた、「仏滅婚」があります。

もちろん世間一般では、運が悪い日というイメージが強い仏滅ですが、考え方によってはポジティブにも捉えられるのです。

なぜカレンダーには仏滅があるの?

 

そもそもどういう理由があって、カレンダーに仏滅と記載されるようになったのでしょうか?

仏滅をはじめ、大安や先勝などカレンダーに書いてある2文字の言葉は「六曜」といいます。普段私たちが月曜日、火曜日と曜日を数えるように、6つの言葉で曜日を数えるためのものです。六曜は今でいう「曜日」のような使われ方をしていました。

「先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口」という言葉が順番に並びます(途中飛ぶところもありますが、現在と旧暦の暦の差から生じています)。

六曜は中国で生まれた暦の数え方というのが一般的な説ですが、実のところはっきりしたことは分かっていません。仏滅の仏という字をみて、「仏教と関係があるのでは?」と思った方もいるかもしれませんが、神社やお寺、仏教とは何も関係ありません。

さらに六曜の特徴として、それぞれ運勢(吉や凶など)が決められており、賭け事やお祝いの日を決めるのに使われてきました。

六曜は現代でいえば、毎朝ニュース番組で放送される星座占いのような捉え方をすると良いのかもしれません。

 

仏滅以外に縁起が悪いといわれる日は?

凶日の代表と考えられがちな仏滅ですが、葬式に関しては仏滅より気を遣った方が良いとされる日もあります。それは「友引」です。友を引いていく、つまり故人が友人や家族をあの世へと連れて行くことが想起されるという理由から、仏滅よりも友引の方が、気を遣う方もおり、また火葬場や式場自体、友引の日を定休日にしていることも多いようです。ただし、こちらも本来の意味は「引き分け」というもので、縁起の悪いものではありません。

さらに、「大安」に葬式を行うのも、あまり良くないとする考え方もあります。

六曜の中で最も良いと考えられている日で、葬儀を執り行うことについても問題はありません。しかし、大安に葬儀は避けた方がいいと考える方もいるようです。

最終的に通夜や葬式の日取りを決める際は、六曜の吉や凶よりも、故人を弔う気持ちが大切です。親族や知人が参列しやすいか、ということを基準に選んでみてはいかがでしょうか。

なお、葬儀の習わしなどは宗旨宗派や地域の慣習によっても異なります。迷った際には菩提寺に相談する、または葬儀社にアドバイスを求めてみるといいでしょう。

 

今回は仏滅に通夜や葬式を執り行っても良いのかという疑問についてまとめました。仏滅は凶日だとされてはいますが、通夜や葬式を行っても問題はありません。むしろ友引の方に注意を向けるべきでしょう。

しかし六曜は縁起担ぎや占いのようなものです。そこまで深く気にすることなく、親族や友人が故人を弔う気持ちへ配慮することが大切です。