HOME > 人形供養

人形供養とは、今まで大切にしていた人形やぬいぐるみをお寺などで供養することを言います。

多くの人は子供の頃に人形やぬいぐるみとの出会いがあります。長い間ずっと大切にしていたたくさんの思い出が詰まっているため、年月が経ってもなかなか捨てられずにいる方は多いのではないでしょうか。

人形には魂が宿ると言われます。モノに魂が宿るという言い伝えは昔から言われていましたが、特に人形は思い入れが強くなることから古来より特別なモノとされてきました。

ゴミとして捨てるにはいたたまれない。そのような思いが湧いてくる時は、人形供養を行うことで気持ちの整理ができるのです。

 

人形供養の由来

人形供養は元々、観音様(仏様)に子授けや安産を祈願した人々が、心願成就のお礼に授かった子供の身代わりとして人形を奉納したのが始まりと言われています。

 

人形供養で多いのは?

 

小さいころに遊んだ人形やぬいぐるみ以外に「ひな人形」を供養される方もいます。五月人形やひな人形は子供の成長を願って送られます。人形は皆様の成長を見届けてくれる役割をしているのです。

 

また、子供に代わって厄や災いを引き受けてくれるお守りともされています。

 

大切なのは『気持ち』です。
気持ち良く人形達とお別れが出来る方法の一つとして人形供養をお勧めしています。

 

 

人形供養料金

大切にしてきた想いのつまったお人形やぬいぐるみを懇ろに供養します。

数量は1回を箱の大きさが 縦+横+高さの合計が150cm以内にしていただき、燃やせるものに限定させていただきます(送料はお客様にてご負担くださいますようお願い申し上げます)。

詳しくはお電話にてお申込み、お問い合わせください。

人形供養料金 5,000円
人形供養料金
5,000円

 

\人形供養について事前相談したい方/
事前相談の依頼をする
\すぐにご依頼希望の場合にはお電話ください/
0120-056-594に電話する