HOME > 開眼供養

位牌開眼

位牌開眼とは新しいお位牌を購入した際に行う供養です。

 

お葬式の際に使用した仮位牌(白木位牌)から本位牌(一般的に黒塗りの位牌が多い)に作り変えていただいた際に行なわれる法要となります。49日忌と併せて行うケースが多いです。

 

位牌開眼は、位牌に対して念を込め供養の対象として意味あるものにすることです。開眼とは「魂入れ」とも言われ、ただの「モノ」から読経によって念を込めることで、故人様の御霊がいつでも位牌を通して見守り導いてくれることを感じられるようにすることであり、故人様の魂を宿らせることではありません(ただし、宗派やお寺によって考え方が異なるため一概には言えません)。

 

本位牌は仏具店にて用意をしていただきます。本位牌に開眼法要を行った後は、お葬式の際に使用した仮位牌(白木位牌)は不要となるため、ご僧侶が持ち帰りお焚き上げをいたします。

 

石塔開眼

石塔開眼とは、お墓を新しく建てていただいた際に行う法要となります。

 

石塔開眼は、お墓(石塔)に対して念を込め、ご家族の終の棲家として相応しい状態にすることです。

 

開眼とは「魂入れ」とも言われ、ただの「石」から読経によって念を込めることで、大切な場所や大切な記念碑としての石塔として誰もが認識できるようにします(ただし、宗派やお寺によって考え方が異なるため一概には言えません)。

 

最近ではお墓を購入せず、納骨堂や樹木葬墓所、合祀墓、散骨といった形態を選ばれる方も増えてきました。そういった場合は開眼法要が不要な場合もあります。

 

お墓をお引越しされる場合や墓じまい(お墓を処分する)をする際には改めて開眼法要や撥遣法要(魂抜き)が必要になります。

 

仏壇本尊開眼

仏壇本尊開眼とは、仏壇を新しく購入していただいた際に仏壇の中に安置する本尊に対して法要を行います。

 

本尊開眼は、本尊に対して魂を宿すことを意味します。開眼とは「魂入れ」とも言われ、ただの「木彫りの像」から読経によって念を込めることで本尊としてご安置するに相応しい状態にすることです(ただし、宗派やお寺によって考え方が異なるため一概には言えません)。

 

本尊は仏具店等にて用意をしていただきます。宗派によって種類が異なるとも言われますが、我が家の信仰の対象にするご本尊ですので、慎重にかつお好みでご選択されても一向に構いません。

 

ただし宗派による信仰の対象ともされているため、ご自身の宗派を強く意識される場合やお寺様とのお付き合いを優先される場合は、宗派やお寺様主導でのご本尊を用意しましょう。

 

また仏像のものや掛け軸のものがございますので、購入には仏壇の大きさやお好みによってお決めになるのが一番です。

 

ちなみにお仏壇自体は「入れ物」としての要素が強いため開眼は行いません。ただし仏壇を引っ越しなどで移動する場合や処分する場合は、ご希望に沿って仏壇に対しても法要を行なうこともあります。

 

料金案内

 

基本費用

宗派指定なし・2項目まで追加費用なし 45,000円

 

A.平日割引 -5,000円
B.午後割引(14時以降) -5,000円
C.2か月前割引 -5,000円
A.平日割引
-5,000円
B.午後割引(14時以降)
-5,000円
C.2か月前割引
-5,000円

※AとBの併用はできません。AとC、BとCの併用は可能です(最大10,000円の割引)。

 

追加オプション

※追加3項目めから埋葬(納骨)供養、開眼供養1項目ごとに+5000となります。但し、1項目めが埋葬(納骨)供養、開眼供養の際には、基本費用が適用となります。
※宗派のご指定がある際には+5,000円にて対応。

 

各種法事特別法要プランを取りそろえています

 

法事ご依頼の流れ

法事に関しましては多くの方がご不安になられることですので、おぼうさんどっとこむではご安心していただけるようきめ細やかなご案内を心がけております。ご不明な点がございましたら些細なことでもご相談ください。

  • 1.ご依頼・お問い合わせ

    おぼうさんどっとこむに法事を依頼される際には、「お電話」か「インターネット」でお申し込みください。まだご検討中段階でも丁寧にご説明いたします。葬儀から続けて49日忌を行う方はその旨お伝え下さい。

     

  • 2.お見積り

    宗派のご指定がある場合はお申し付けください。
    選べる宗派:真言宗、浄土宗、浄土真宗、曹洞宗、天台宗、日蓮宗、臨済宗
    ご費用でお困りの方へ:ご条件によって割引になるプランがございます。お気軽にご相談ください。

     

  • 3.お坊さん手配

    ご希望の日程に沿ってお坊さんの確認を取ります。決定しましたら担当のお坊さんの詳細を、お電話もしくは書面でお伝えいたします。

    お客様にご安心いただける」と判断したおぼうさんのみ、ご紹介いたします。

     

  • 4.事前電話

    ご希望の方のみ、担当のお坊さんから事前にお電話でご挨拶の連絡をいたします。また、前日におぼうさんどっとこむから最終確認のお電話をいたします。お坊さんがご挨拶の連絡をします。ご不安なことも直接、気軽にご質問ください。

     

  • 5.当日お伺い

    余裕をもって「30分前」には近くに待機。状況に応じて対応いたします(雨の場合、足が悪い方がいる場合など)。

    ご法事の最後に、お坊さんからの法話があります。聞いておきたいことや疑問などは事前にお伝えいただくとスムーズです。

     

  • 6.お支払い

    費用総額をまとめてお坊さんにお渡しください。仮受領書をその場でお受け取りください。後日正式な領収書を送付いたします。

    事前のご入金にも対応しております。ご希望の場合にはお申し付けください。

     

 
 

お客様の声


おぼうさんどっとこむからのコメントを見る

おぼうさんどっとこむからのコメントを見る

おぼうさんどっとこむからのコメントを見る

 

年忌法要とは

年忌法要とは、各故人様とご縁のあった家族、親族が、忘れ切ることなく、これくらいの期間でしっかりとその故人様のご遺徳を偲び、故人様に自らの生き様を供え、命を受け継いだ者、縁があった者として、故人様の良きところは手本として、故人様の至らぬ部分は反面教師として、しっかり今ある命を生きて活かしていますと奉告申し上げる機会です。

(お役立ちコラム)十三仏とは?

 

【お客様の声】

【お客様とのストーリー(法事)】

【法事のマナーQ&A】


\事前相談をしたい方は/事前相談の依頼をする
\法事予約を検討される方は/
法事予約する
\すぐに法事依頼希望の場合にはお電話を/0120-056-594に電話する