カテゴリー

3月9日(水)トライ式高等学院府中キャンパス様

からお話しをいただき、

お坊さんによる座禅体験、講話を、

授業の一環として行ってまいりました。

約20名程の生徒の前で、

おぼうさんどっとこむ代表の林が講師を務め、

約1時間程のお時間でしたが、

いつもとは違った非日常を体験してもらえたのではないかと思います。

「トライ式高等学院」は、

家庭教師のトライで有名な株式会社トライグループが運営する通信制の学校で、

中学生から高校生の年代が学んでいます。

難関大学への合格実績も多数あり、

真剣に学びながらも和気あいあい

とした雰囲気も伝わってきました。

教室内にブルーシートとザフ(座禅用のクッションのようなもの)

を用意し、生徒達に座ってもらい電気を消してスタート。

座る前に「感謝」についてお坊さんから話しをしました。

電気は人が作らなければ明かりは灯りません。

建物も作ってくれた人がいるからここにいられます。

あたり前ではないことにまずは感謝をしましょう。

まずは1分だけ座ってもらい、そのあと5分と、

時間を分けて座っていきました。

ちなみに座禅といえばお坊さんが棒をもって

「バシーン」と叩くイメージがありますよね。

姿勢が悪かったり、雑念が入っていると叩かれることもありますが、

今は急に叩くなんてことはありません。

通常は「是非叩いてほしい!」

という希望者のみに行っています。

今回は勇敢にも手を挙げてくれた生徒が1人。

そして、手は挙げていないけれど、

半ば強制的に?(笑)叩かれた生徒もいたり。

座禅は頭の中で1から10までゆっくりと数を数えていきます。

どんなことを考えても、または考えなくても構いません。

それぞれが何を思い、

何を感じていたかはわかりませんが、

自分と向き合う時間となってもらたら幸いです。

最後、締めくくりにこのような法話がありました。

先祖はどんな人にも必ずいます

直系6代だけでも126人

10代遡ると1000人を超え

20代で100万人を超え

27代で1億人を超え

30代で10億人を超えます

これだけの先祖が一人一人にいるのです

これが一つも途絶えてはいけません

でなければあなた達は生まれてきていません

そうした奇跡をいただいて生まれてきた命

それをこの先活かしてもらいたい

今はその猶予期間です

3分でも座って考える

私はどうやって生きていくのか

どう学ぶのか

人間は考える力が備わっています

皆様がそれぞれの道で素晴らしい未来を切り開いていただけることを願っております

「感謝をする」

そのことを感じて「自分の未来を考える」

また、代表 林の過去の経験の話しをもとに

「自分で決めることの大切さ」

ということについてもお伝えさせていただきました。

なかなかお坊さんと接する機会もない年代の生徒達。

また座禅をしてみたい

お話しを聞きたい

と思っていただけたら是非お声がけください。