カテゴリー

<当社代表 林の法話を抜粋して紹介します>

 

一般的には誰もが

「幸せでありたい」

「幸せになりたい」

と思いながら生活されているかと思います。

しかし「あなたは幸せですか?」

という問いに対し、

現代の日本人の大半が

「幸せではない」

「どちらともいえない」

と答え 、さらには「不幸だ」

と真逆の答えを返す人も少なくないとか。

中には、幸せは「誰かに与えてもらうもの」

と思っている人もいて、

幸せが人からもたらされるのを待っているというのです。

しかしながら、幸せとは

「自分が感じるもの」であり、

人から与えてもらうものではありません。

例えば「人からのいただきものに幸せを感じている」という時、

幸せを感じているのはあくまで自分です。

また、人に何かをあげた時、

幸せを感じる自分がいるのも事実です。

つまり幸せとは「自分が感じているもの」であって、

決して人がしてくれた行為や、

他人が感じるものではないのです。

ならば、「自分で幸せになる」と決め、

その選択決定に従い行動していれば、

どんな生活でも、必ず幸せを感じられます。

自分で決めた「幸せになる」生き方をしているのですから。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いかがでしょうか。

自分の中に幸せがあると思えば

今からでも幸せになれると思いませんか?

「小さなあたりまえは大きな幸せだ。

ってことを忘れちゃいけないよ?」

このセリフでピンと来た人はもうお分かりでしょう。

ディズニーアニメーション

「アナと雪の女王」の

オラフというキャラクターのセリフです。

幸せは些細なことに隠されています。

それが「あたりまえ」と思っているうちは

なかなか感じるのが難しいかもしれません。

まずは自ら「幸せになりたい」と思う

その気持ちがどこに向いているのかを

よく観察してみましょう。