おぼうさんブログ

           




コロナ禍でも法事にお坊さんを呼んでもいいの?



「お母さんの三回忌だっていうのに…」
「夫の四十九日なのに…」
「おばあちゃんの三十三回忌が来月なんですが…」


東京では緊急事態宣言が解かれた後もそのような問い合わせが連日おぼうさんどっとこむにも寄せられてきます。

と、冒頭こんな書き出しで、イラっとさせてしまったならゴメンナサイ_(._.)_
おぼうさんどっとこむの林です(汗)

さて、新型コロナ感染症(Covid19)の感染が日本国内でも拡大し、ある地方においては、葬儀がクラスター感染の温床になったとの指摘もあり、法要の取り止めも相次いでいます。

さらには、オンライン法要なるものが救世主のようにネット上で販売され、まぁよくも人の困った状況につけ込む商売をし始める企業もあるもんだなぁと辟易としてしまいます。

しかしこのようなご時世に、そもそも葬儀や法事を行ったり、法要にお坊さんを招いたりすることは本当にダメなのでしょうか?

確かに葬儀の機会には多くの人が集まりますし、ましてや会食の席ともなると、特に親族や深い仲のご友人などは、「3密」に対する意識や飛沫感染の危険性に対する意識を圧倒的に下げてしまうことでクラスター化してしまいます。

ましてや「最後のお別れの機会にマスクなんかしたら失礼に当たる」などという思い込みで、あっさりとマスクをはずしてしまったりと、コロナに感染する可能性を挙げたらきりがありません。

しかしながら、法事にしても葬儀にしても、その儀式、法要そのものがクラスター化する確率は、3密を避ける対応(換気とマスク着用などの対策を整え、手洗い・うがいの励行、除菌スプレーなどの使用を全員がした上で感染するなら、それも神仏の思し召しということなのではとも思えます)を主宰者はじめ、参列者も司式者たるお坊さんも行なうことによって下げることができ、感染は回避されるものと考えますがいかがでしょうか?

とはいえ、それでも「コロナ感染は心配だ」という方がいらっしゃるのが現実でしょう。 そう思われる方にとって、法事については朗報があります。

実は何回忌や四十九日という機会や日付けはあくまで「目安」であり、仏教が教える中には「しなければならない」という強要、強制となる教えは一切含まれていないのです。

弊社、おぼうさんどっとこむは仏教を弘めるための会社ですので、仏教の教えるところの「されてはいかがでしょうか」を採用し、みなさまの不安が無くなった上で法事を行う時期を選んでいただくことが最善、最適と考えております。

要は、皆様方が亡くなられた大切な方への想いを不安なく向けられる状況下で営まれるご法要が、故人様にとっても本当にうれしいご法要なのだと確信しております。

おそらく東日本大震災が起こった際、年回忌や四十九日忌、埋葬などのご供養を予定されていた方もおられたはずです。予定されていた主宰者(施主)の方が亡くなって、未だ行方もわからないといった状況で、「七回忌だから」とか、「埋葬しないと故人がうかばれない」とかといった理由で、無理矢理決めた日時に法要を行なったという話を、わたしは一件も耳にしたことはありません。

しかも“オンライン”でという選択は、わたしにとってはやっぱり違和感でしかありません。

ご家族ご親族が、元気な顔で一堂に会せる時は必ずやってきます。もちろんその間にもご家族ご親族のうちから何人かは欠けてしまうこともあるかもしれません。

しかし、それこそがわたしたち人間に与えられた生命の素晴らしさでもあるのです。 命は有限です。だからこそ大切に自分の命を生きる上で、先に亡くなった縁のある方たちの供養は「生きている者に与えられた機会」でもあるのです。



おぼうさんどっとこむでは「生き方の一つにご供養がある」と考え、みなさまのコロナ禍におけるご供養の形を共に考え、創り出すべく精進を重ねています。

ところで、今回の大騒動の主役となったウィルスも、人類がこの地球上に現れる前から「在った」ものです。その命同士が、力の比べ合いをすれば諍いや争いが起き、勝ち負けをその判断の軸においてしまいがちです。

しかしながら、双方とも今の今まで長きに亘り絶滅していない命なのですから、調和して生きていくことが可能なのだと思います。いろいろな人種が集まり、生活をさせていただいている地球という星には、これまた多種多様な宗教も存在しています。

わたしたちおぼうさんどっとこむは、基本的には仏教の教えを基に、世の中が安穏であるためにその素晴らしき教えにより、多くの方々が幸せであるようにお力添えをさせていただいている会社です。

今回の新型コロナ感染症によって、多くの生活様式の見直しがもてはやされることになるかとは思いますが、本当に自分たちが自ら進んで行ないたいことは何なのか?を見失わないようにするために今回のコロナ騒動は起こったのかもなぁ、と思ったりもしています。

だからこそやっぱり、

『自分のことは自分で決めて その責任は自らが負える』

そんなひとづくりを目指し、おぼうさんどっとこむは、今からの新しくも根底に信心のある供養を推進していく所存です。 ———————————————————

宗派や年忌、法要の種類ごとで違いはあるの?





法要の際の「お布施」とは、布(ぬの)に施す(ほどこす)と記し、仏教の実践修行法と言われる「六波羅蜜」(ろくはらみつ、ろっぱらみつ)の第一とされ、布をフワッと広げた如くに「ひろくほどこす」ことを表しています。

財施(ざいせ)
わたしたちがご法要の際にお坊さんにお支払いする金銭が お布施であると思われがちですが、それは「財施」(ざいせ)と呼ばれ、布施の一部分であります。 自らの代わりになって故人に対する弔意を読経(どきょう)という形で示してくださるお坊さんへ謝意を込めてできるだけの施しを行なうのがこの財施です。

法施(ほうせ)
お坊さんが故人や先祖に対して読経により鎮魂の意を向けることや、ご法話を通じてわたしたちに良き生き方を示してお導きくださるのが「法施」(ほうせ)と呼ばれ、仏教の教えをもってわたしたちの幸いと先祖、故人への感謝の意を申し述べてくださる施しということになります。

最も重要「無畏施」(むいせ)
そして、実はわたしたちが生きる上で最も重要なのが「無畏施」(むいせ)と呼ばれる施しで、どんな人でも仏教の教義を会得していなくとも、金銭や財物を差し出せなくとも、わたしたちの人間に備わった力「思う」「考える」という能力で目の前に起こり来たることに悩み怖れている人に対してその恐怖心をほどいて差し上げる施しのことで、不安を安心へ、悩みを軽快なものに、怖れ(畏れ)という本来存在しないはずの状況に対し、どうしたらその怖れ(畏れ)が無い状態になれるかを思い考え、心を砕き行動し支えることであります。 以上が布施の三つの大別した考え方「三施」(さんせ)であり、様々な場面で施し方も異なってきます。 わたしたち、おぼうさんどっとこむでは、みなさまの無畏施になれるよう常に心掛けて必要な情報を示して行こうと思います。 さて、そんな中でもご法要の際にお布施として包む金額の見当がつかず、目安や相場感を知りたいと悩まれている方も多いのではないでしょうか? 今回は、宗派別や法要別のお布施の目安金額の例やその金額の変動理由やお布施を渡す際のマナーなど一緒に考えてみたいと思います。

お布施金額の相場はいくらか?





お葬式や年回、年忌法要において、今では必ずある程度の金銭が財施として支払われますが、お布施をいったいいくら包めばいいのか悩ましいのも事実です。

場合によっては式場もお借りしたりするので、想定をはるかに超えたりしないためにも、計算ができるようにしておかないと、当日、いざお布施を渡そうとした際に困ってしまうことにもなりかねません。

そこで、おぼうさんどっとこむではお布施の目安金額、相場について、実用的な情報を以下にまとめることとしました。



お布施の本来の意味と、各宗教宗派のお布施の目安や相場について ご葬儀(お葬式)以外の法事・法要についての概略とお布施の目安や相場 お布施の金額の書き方、マナー、包み方など お布施とは別に用意するものなど 今後の法事・法要を行なう場面でも、今回の情報を使ってお役立てください。



お布施とは
お布施とは先にも説明した通り、仏道の実践修行法の一つであり、「施し」(ほどこし)を通して世の中が良くなるようにと、自らの生活規範を調えて生きることであり、本来の意味からすれば寺院やお坊さんに渡す謝礼に限定されたものではありません。

しかし江戸時代から現在までの世の中において、檀家制度という寺院と檀家の結びつきが密だった時代の名残を受け、寺院を支える檀家の責務のような金銭供与に限定されたものを「お布施」と解釈されてきてしまいました。

檀家制度(江戸時代は寺請制度<てらうけせいど>と呼ばれ、寺院は今の役所と同様の、戸籍管理や転入、転出なども担っていた)は、日本において人(一般の通常庶民)が動ける範囲が制限されていた時代においては機能したものの、現代のように人がサラリーを求め、また自由に渡航ができる環境が整備され、仕事を選び、居住する地域も選択できる時代にあって、その在り方すらが本当に必要なものであるか疑わしく、また地域差異もあることで金額が上下するなどにより、お布施の不透明さや不鮮明さが如実に取り沙汰されるようにもなってきています。

そんな中、寺院や墓地、霊園の管理や維持活動にお供えし、ご本尊や伽藍を守るためにご活用くださいと見返りを求めず喜んで差し出す金銭がお布施だと言われても、その先の使途が明らかにされない場合、そこに信心が宿るとは思えないのが現状ではないでしょうか。

また、お布施とは読経や戒名授与の対価ではないと諭されても、その明確な金額は決まっておらず、目安や相場感が欲しいと思ってしまうのが現代人の事情であるとも思えます。

さらには、そういった寺院と檀家の距離が離れてしまった問題や「死」という遠ざけておきたい忌まわしい現実が、寺院との疎遠感をも生み出し、普段からお布施の金額を意識することが出来ず、それと同時に人の死という悲しみの中にあって判断のしづらい状況の中、聞くにしても失礼に当たらない聞き方がわからず、途方に暮れる方も多いようです。

そんな中、おぼうさんどっとこむは16年も前から明確な「費用」としての金額を明示してきました。同時にみなさま方と同様に消費税も課税される企業として対応させていただくため、明確な意思をもってご依頼される多くのお客様からの信頼のもと、100,000件を超えるたくさんのご依頼をいただいております。

さて、お布施とは仏教用語ですので、仏事に際して包まれるものに限定されます。

神道では「御玉串料」「初穂料」「御奉祀料」などと表され、キリスト教では「御礼」「献金」「御花料」などに代わるようです。

その他の宗教の場合は、特別な表し方があるかもしれませんのでご確認いただければと思います。



——————————

お通夜を仏滅にやるなんて大丈夫?



「仏滅」とは、どのような意味を持っているのでしょうか。 大切な人が亡くなってしまったとき、取り急ぎ通夜や葬式を執り行わなければなりません。しかしふとカレンダーを見ると、2日後には「仏滅」という言葉が目に入ります。そして、「仏滅に葬式をしても良いのだろうか?」と疑問が浮かぶでしょう。

普段は気にしない方も多いと思いますが、葬儀に関して「仏滅」はどのように捉えたら良いのでしょうか。

 

仏滅に通夜や葬式は執り行えるのか?

結論からいうと、仏滅に故人を偲ぶための会を執り行っても問題はありません。

仏滅は、「仏が滅びる」という字から分かるように、凶日であることを表しています。そのため、お祝いごとはあまり行われません。しかし通夜や葬式は、故人の冥福をお祈りするためのものです。そのため仏滅だからといって、式を行ってはならないという決まりやしきたりは存在しませんし、宗教的にも問題はありません。

ただし、仏滅と聞くとなんとなく不吉なイメージを持ってしまいがちです。では、そもそも仏滅という言葉はどのように生まれたのでしょうか?

 

そもそも仏滅とは?

仏滅は、「仏が滅びるような凶日」として、運が悪く何を行ってもうまくいかない日だとされています。

しかし歴史的にみてみると、仏滅はもともと「空亡」「虚亡」という日で、むなしい日といったような意味合いを持っていました。その後「物滅」という名前に変わり、すべてのものが消えて、新しくなる日を示していたそうです。この頃の物滅は、何かを新しく始めるにはぴったりで、縁起が良かったともいわれています。

最終的には「物」という字が同じ音読みをする「仏」に変えられて「仏滅」となり、字の見た目からより悪い日であるような考えが、世間一般に根付いてしまいました。もともとマイナスなイメージのある日ではあったものの、ここまで凶日となったのは「仏滅」という字面に変わってから、といわれています。

一方、現在では「物滅」の頃の意味合いを意識して、葬式や結婚式を仏滅の日に行う方もいるようです。仏滅に故人を弔ったあと、ゼロから新たな生活をスタートさせるという意味で、「再スタートができる日」と捉える考え方も存在しています。同様に結婚式にも、2人で新たな生活を始めるという気持ちを込めた、「仏滅婚」があります。

もちろん世間一般では、運が悪い日というイメージが強い仏滅ですが、考え方によってはポジティブにも捉えられるのです。

なぜカレンダーには仏滅があるの?

 

そもそもどういう理由があって、カレンダーに仏滅と記載されるようになったのでしょうか?

仏滅をはじめ、大安や先勝などカレンダーに書いてある2文字の言葉は「六曜」といいます。普段私たちが月曜日、火曜日と曜日を数えるように、6つの言葉で曜日を数えるためのものです。六曜は今でいう「曜日」のような使われ方をしていました。

「先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口」という言葉が順番に並びます(途中飛ぶところもありますが、現在と旧暦の暦の差から生じています)。

六曜は中国で生まれた暦の数え方というのが一般的な説ですが、実のところはっきりしたことは分かっていません。仏滅の仏という字をみて、「仏教と関係があるのでは?」と思った方もいるかもしれませんが、神社やお寺、仏教とは何も関係ありません。

さらに六曜の特徴として、それぞれ運勢(吉や凶など)が決められており、賭け事やお祝いの日を決めるのに使われてきました。

六曜は現代でいえば、毎朝ニュース番組で放送される星座占いのような捉え方をすると良いのかもしれません。

 

仏滅以外に縁起が悪いといわれる日は?

凶日の代表と考えられがちな仏滅ですが、葬式に関しては仏滅より気を遣った方が良いとされる日もあります。それは「友引」です。友を引いていく、つまり故人が友人や家族をあの世へと連れて行くことが想起されるという理由から、仏滅よりも友引の方が、気を遣う方もおり、また火葬場や式場自体、友引の日を定休日にしていることも多いようです。ただし、こちらも本来の意味は「引き分け」というもので、縁起の悪いものではありません。

さらに、「大安」に葬式を行うのも、あまり良くないとする考え方もあります。

六曜の中で最も良いと考えられている日で、葬儀を執り行うことについても問題はありません。しかし、大安に葬儀は避けた方がいいと考える方もいるようです。

最終的に通夜や葬式の日取りを決める際は、六曜の吉や凶よりも、故人を弔う気持ちが大切です。親族や知人が参列しやすいか、ということを基準に選んでみてはいかがでしょうか。

なお、葬儀の習わしなどは宗旨宗派や地域の慣習によっても異なります。迷った際には菩提寺に相談する、または葬儀社にアドバイスを求めてみるといいでしょう。

 

今回は仏滅に通夜や葬式を執り行っても良いのかという疑問についてまとめました。仏滅は凶日だとされてはいますが、通夜や葬式を行っても問題はありません。むしろ友引の方に注意を向けるべきでしょう。

しかし六曜は縁起担ぎや占いのようなものです。そこまで深く気にすることなく、親族や友人が故人を弔う気持ちへ配慮することが大切です。



必ずお読みください

全ての業務において以下の点にご注意ください。